五円玉が現行デザインになったのは1959年。

 日本の硬貨はなぜ「五円玉」だけアラビア数字が使われていないの? こんな疑問が6月上旬からTwitterで話題になっています。確かに、一、十、五十、百、五百円玉は表面に漢数字、裏面にアラビア数字で金額が表示されているのに、五円玉は表に「五円」と漢数字のみ。

外国のコインだって、セントかドルが判らん時がある。日本円だから当然でしょ。外国人意識する必要なし。日本国内の通貨なんだし問題ないと思う外国人も勉強する必要があるのでは?
全く意識した事がなかった。ただ、「五」もそうだけど「温泉マーク」など外国人が読みやすいようにと言う薄っぺらい理由で変えて欲しくない。図形として覚えたら良いんじゃないですかね。私たち日本人が古くから慣れ親しんだものてすからね。いやぁ、全っ然意識してなかったなあ。言われてみれば(5円玉には漢数字しかない)。日本人がわかればそれでイイべそういえば、昔Franceフランのコインも難しかった。
海外の方々の素朴な疑問は勉強になる。あたりまえって色々あることを知るのが面白い。でも日本のあたりまえを説明するのって難しいし、疑問に比べ答えが面白くないのだけどね。五円硬貨の疑問は知らなかったのでいい勉強になりました。次回は 1本(pon)2本(hon)3本(bon)は?